NEWS 2012.09.1

・ピエール・ローザンベール氏の来日について


・東京丸の内の三菱一号館美術館で今月9月8日から来年1月6日までシャルダン展が開催されます。

『ジャン・シメオン・シャルダン(1699-1779)は、フランスを代表する静物・風俗画の巨匠です。 わが国で初めてのシャルダンの個展となる本展は、ルーヴル美術館名誉館長ピエール・ローザンベールの監修により、 厳選した作品のみで構成されます。』

  シャルダン展


昨年12月のヴェネツィアでは来年シャルダン展のために日本に来るとは聞きましたが、 会場と日程は今年になって知りました。 また前館長の経歴が今はルーヴル美術館名誉館長となっているのもはじめて見かけました。
ローザンベール氏はジョルジュ・ド・ラ・トゥール、シャルダン研究の第一人者です。

一方では個人としてブルーノ・アマディのガラスを最も多く所有しています。実現の可否はさて措き、 まとまったアマディのコレクションを公開する機会や施設があるなら、 協力と推奨を惜しまないでしょう。そのためにも自分がより活動しなくてはと思っています。

  三菱一号館美術館